KREHAの妊娠初体験blog

初めての出産に向けて切磋琢磨中!自分が経験した事やお勧めのグッズや食品、北九州のお話などアップします!時々イラストあり★

妊娠中にインフルエンザのワクチンは打てるのか?

最近めっきり寒くなり、朝は息が白い時があります。冬に近づいてきたな〜って感じですね!うちはこたつがまだ準備できてないので今はエアコンで対応しているんですが、エアコンはすっごい乾燥しますねぇ。お陰で喉がいがいが痛くなってきます(^0^;)

 

乾燥しだすと気になるのがインフルエンザですよね!最近ちらほら近場でインフルエンザが流行りだした!というのを聞きました。

 

「インフルエンザ」私は今から5年ほど前に1度感染して死ぬ思いをしました。

当時一人暮らしだったので日中看病してくれる人はおらず、当時付き合っていた彼氏が夜看病するために来てくれてたんですが、この人が思いの外役に立たず(笑)で。

熱も39度近くまで上がるし、水を飲んでも吐くし、体は痛いしで家の廊下で倒れていたところを、たまたま様子を見に来た父親に発見されそのまま病院に担がれました。

過呼吸も発症していたので唇が真っ青のチアノーゼ状態になっていて、結局実家に強制送還されましたww

 

ホント辛かった!!!冷たい廊下に倒れながら「ああ…孤独死するんだろうな」と思いましたからね〜汗

 

インフルの辛さを知っているだけに、インフルエンザに対する恐怖といったら…!

 

あれだけ辛いので「妊婦にも絶対影響があるはず!ワクチンも打てないはず!!」と思い、今日旦那さんにワクチン接種に行ってきてもらいました。

 

これで一安心。あとは私がかからないように注意するだけだ!と思ったんですが、感染したら具体的にどう危険なのかな?と思ったので色々調べてみることに。

 

すると!!

実は妊婦でもインフルエンザのワクチンを打てるというではありませんか!!!!

え!!?そうなの!?!?知らなかった!!

 

なんでもインフルエンザのワクチンは「不活性ワクチン」なるものを使っており、ウイルス自体は死滅させているので予防接種を受けたからといってインフルエンザが発症することはないらしいんです。

 

それどころか予防接種による母子の副作用・副反応も日本では報告されてないらしいので、逆に妊婦さんは予防接種を優先的に受けることができるところもあるらしいんです!

そして赤ちゃんにも影響はないらしい。

 

ワクチンの接種によって体内にインフル菌を入れるリスクよりも、マジもんのインフルエンザに感染した方が体に負担がかかって良くないらしいです。

 

妊娠中は免疫力が落ちてるために病気にかかったとき治りにくく、重症化しやすいので注意が必要とのこと。

 

咳:腹圧がかかるために張りやすくなる。

熱:38度以上になると羊水の温度が上がるため、赤ちゃんの心拍が早まる。

その他:肺炎などを合併しやすい。

 

など、感染してからの方が色々大変そうです。

 

インフルにかからないためには予防接種を受けた方が良さそうですね…。

とくに他にお子さんなどがいらっしゃる方などは幼稚園などからインフルエンザを貰ってくる場合がありますし、人の出入りが多い職場にいる人なども感染しやすいですね。

 

私も人の出入りは少ない会社に勤めてますが、休日など人混みに出かけたりもありますし、旦那さんはもっと不特定多数の人に接する仕事なので危険です。

 

ちょっと怖くなったので、次回の健診の時にワクチン接種できるかどうか、病院に確認してみて受けれるんだったら受けとこうかなと思います。

 

あんなに恐ろしい病気二度とかかりたくない!!ってのが本音ですからね(笑)

 

妊娠の時期や体調によっては接種を控えた方が良いこともあるようなので、先生に相談することも大事なようです。

 

 

あとは帰宅後の手洗い・うがいを徹底し、エアコンで乾燥した部屋を加湿器で潤す!しっかり栄養取ってしっかり睡眠!基本的な予防をちゃんとしていきたいと思います。

 

こちらから北九州市のインフルエンザ発症状況が確認できるので一度確認されてもいいかもですね!

 

これから冬本番!赤ちゃんが元気に育ってくれるように、気を引き締めて行きましょ〜!!